food food mall train

fruit act culture food


タイの交通手段


タイには本当に色々な交通手段があります。タイで生活をされる方は全てを利用しても良いと思いますが、 旅行で行かれる方は使うべき交通手段と使うべきでない交通手段があります。また、利用方法などもあわせて紹介します。 ちなみに公共の乗り物を利用する時は、タイもレディーファーストの国ですから、女性が目の前にいたら譲るようにしましょう。 特にソンテオなどの安定していない地元民ばかりが乗る乗り物では譲るのが礼儀となっています。


電車BTS(スカイトレイン)

賃金: 15バーツ(約45円)〜
快適さ: ★★★★★
利用方法: 日本と同様に自動販売機で切符を買うシステムですが、タイでは切符ではなくカードが出てきます。 それを自動改札機にいれて入ります。また、自動販売機はコインしか使えません。札は窓口でコインに替えてもらってから使って下さい。 ちなみに、Carrot Cardという日本のSuicaのようなカードもありますので、長く住む人にはお勧めです。
コメント: いつもガンガンの冷房がついている電車です。タイでも朝と夕方はラッシュ時間がありますので、 そこを避けて乗りましょう。金額は日本で考えれば安いです。



電車MRT(地下鉄)

賃金: 12バーツ(約36円)〜
快適さ: ★★★★★
利用方法: 日本と同様に自動販売機で切符を買うシステムですが、タイでは切符ではなくカードが出てきます。 それを自動改札機にいれて入ります。また、自動販売機はコインしか使えません。札は窓口でコインに替えてもらってから使って下さい。 ちなみに、Carrot Cardという日本のSuicaのようなカードもありますので、長く住む人にはお勧めです。
コメント: いつもガンガンの冷房がついている電車です。タイでも朝と夕方はラッシュ時間がありますので、 そこを避けて乗りましょう。金額は日本で考えれば安いです。



タクシー

賃金: 初乗り35バーツ(約105円〜)
快適さ: ★★★
利用方法: 日本と同じ利用方法です。ただし、ドライバーによってはメーターを使おうとせずにいくらくれと 言ってくる人もいますので、乗る前にメーターを使ってくれといいましょう。
コメント: タクシーの中では凄く快適です。ただし、時々おかしな運転手などもいます。 道を知らないと思ってわざと遠回りするドライバーも結構います。金額は安いので、その点は問題ないのですが、 ドライバーによって気分悪い思いをする事もあるので注意です。



バイクタクシー

賃金: 10バーツ(約30円)〜
快適さ: ★★
利用方法: これもタクシーと同じで乗る前に行き先を言います。ドライバーによって金額がまちまちです。 旅行者は利用する必要はないかもしれませんが、ぼったくられたと思ったら交渉しましょう。
コメント: 距離にもよりますが、長距離を走る場合はタクシーの方が安い時もあります。 また、タイは交通事故が本当に多い国ですから、あまり遠い距離で乗るのはお勧めできません。 交通渋滞が酷く急いでいる時に利用しましょう。








戻る





Copyright (C) 2010-2013 Sunlife Corporation. All Rights Reserved


inserted by FC2 system